こうすれば売れるホームページに! コピーの書き方

前回、「お客様に反応してもらうためのホームページ構成」ということについてお伝えしました。

でもきっと、何をどう書いたらいいかが分からないんだよね、ということになると思います。

そんな時は、次のことをポイントに考えてみてください。

1:どんな人に対して役立つ商品・情報なのかをはっきりと伝える

そのためには「○○な人」って呼びかけると効果的です。
「えっ、私のこと」って思ってもらえれば、詳細なところまで興味をもってみてもらえます。

2:自分や自分の会社・お店のことを詳しく教えてあげる

ありきたりの会社概要であってはなりません。

・どんな思いで仕事をしているのか。
・仕事をしていてどんな時がうれしいか
・どんなことが得意か。
・どんな経歴なのか

など、人柄やお店柄が伝われば、信頼感や親近感が生まれ、より反応を得やすくなります。

3:お客様に喜ばれ、支持されていることを伝える

・今までのお客様は、どんな点を評価指定いるのか。
・そして、それはなぜなのか。
を伝えてあげると、お客様は購入後の姿をよりイメージしやすくなります。
もちろんお客様の感想を載せるのは効果的です。

4:どんな問題を解決できるのか、メリットを提供できるのか

商品を通じてお客様にどんなメリットを提供したり、どんな問題を解決することができるのか。
これを伝えることが「商品提案」になります。

5:次にどんな「行動」をすべきなのか、具体的に指示してあげる

例えば「問い合わせしてください」といっても、お客様は何を問い合わせていいのか分からないのが実状です。

・使い方なのか
・価格なのか
・他の人はどんな問い合わせをするのか
・問い合わせに対して誰がどのように答えるのか
など

・こんなことを問い合わせて下さい
と、はっきりに明示しておくと反応率はあがります。

 ■お客さまに反応してもらえるホームページなら
↓    ↓
  売上の上がるホームページ

 

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP