ビッグーキーワードで上位表示させるためには

GoogleやYahoo!など検索エンジンで上位表示を狙うためにSEO対策を行なおうとすると、「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」を意識しなければなりません。

でもこの「ビッグ・ミドル・スモール」の違いはどこにあるのでしょうか?

ビッグーキーワードで上位表示させるためには

ビッグキーワード

「ダイエット」「FX」「クレジットカード」などのように検索回数が非常に多く、競合性の高いキーワードを指します。

月間検索回数が10万を超えるようなキーワードはビッグキーワードです。

ライバルは大企業をはじめ強豪が多いので、上位表示は簡単ではありません。

ミドルキーワード

月間検索回数が1万程度のキーワードを指します。

1つの単語の場合もありますが、「ダイエット 下半身」のように2つの単語の組み合わせが多くなってきます。

ビッグーキーワードに比べると競合性は低くなってきます。

スモールキーワード

月間検索回数が1000程度のキーワードです。

2つ3つ以上の単語の組み合わせであることが多く、「ダイエット 下半身 サプリ 通販」のように検索の意図が明確になってきます。

競合性が低い上にコンバージョンを得やすいというメリットがあります。

ビッグーキーワードで上位表示させるためには

ビッグキーワードで上位表示させるためには一朝一夕というわけにはいきません。

まずはスモールキーワードで上位表示させましょう。

そのためにはタイトルや本文にキーワードを埋め込みながら、コンテンツの充実したページをアップします。

そうすればスモールキーワードでの上位表示は決して難しくないでしょう。

このスモールキーワードのページを増やしていくと、ビッグーキーワードでも上位表示されるようになってきます。

スモールキーワード対策の積み重ねが、ミドルキーワード・ビッグーキーワードで上位表示さえることにつながるのです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP