「問い合わせ」には反応しにくい

こんにちは! フォーサイトの渡辺です。

通販ではなく業務案内や商品案内が主のサイトの場合、ホームページを見た人に反応していただく方法としては、


『問い合わせ』


ということになりがちです。


でも、この『問い合わせ』は思っているよりも結構敷居が高いんです。


なぜなら問い合わせをする場合

・まず何を問い合わせるのかを考えなくてはならない。
(問合わせの文章を考えるのは面倒)

・自分の状況を知らせなければならない。
(見ず知らずの人に教えちゃって大丈夫)


と面倒で恥ずかしいことなんです。


だから、「ホームページを作ったけど全然問い合わせがないんです」ということになってしまいます。


でも、問い合わせが向く場合もあります。


それは、「せっぱ詰まった人」を相手にする場合です。

「せっぱ詰まった人」は、高い敷居もカンタンに乗り越えてくれます。

実際に私の問い合わせフォームからも、


・今月中にこの在庫を何とかしないと


などという問い合わせは珍しくないです。



ですから『問い合わせ』を増やしたい場合は、『せっぱ詰まった人』に呼びかけると良いです。


・「キレイになりたい人」ではなく「今月中に何とかしたい人」
 
・「健康に暮らしたい人」ではなく「病気を治したい人」

そうすると『問い合わせ』は増えてきます。


でも、そういう人を相手にできない・したくない、という場合は、

『問い合わせ以外に反応していただく仕組み』を準備した方が良いです。

そうすると、反応率は大きく違ってきます。

★そんな「仕組みづくり」からお手伝いします

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP