【商品】×【売り方】×【お客様】を見直してみると

こんにちは! フォーサイトの渡辺です。

さて、久々に机の整理をしていたら、起業して間もない頃のノートが出てきました。

このノートを見ると、「売上を上げるためにはどう行動すべきか」をめんめんと綴ってあります。
(なにしろ仕事がないのでそんなことばかりしてました)

でも、今それを見ると「これじゃ売れないだろ」という内容です。

というのは、うまくいかない方法で量的拡大をしようとしていたんです。

これは、うまくいっていないときに誰もが陥ってしまうと思うのですが

『うまくいかないのは自分のガンバリが足りないからだ。
もっともっとガンバロウ!』

となってしまいがちです。

・飛び込み50件で見込み客が見つけられない、明日からは100件だ

・チラシ1万枚で反応がない、今度は3万枚だ

・DM1千通出したが注文がない、今度は5千通だ

・ホームページで売れないのは1日30アクセスしかないからだ。
アクセスをもっと増やそう

でも、うまくいかない方法の量を倍にしても、なかなか良い結果にはつながりません。
(私自身、そのことに気がつくまで、結構かかりました)

量を増やすのは、うまく行き始めてからの方が良いです。
それにほとんどの場合、コストさえかければ量は増やすことができます。

“量”よりも“中味”を見直す方が先です。

そのためには

【商品】×【売り方】×【お客様】

のどれか、または全部を変えていくと良い結果に結びつきやすいです。

■商品
今まで扱っていない商品を売れということではありません。
・定番商品を「お試しセット」として新規客に案内する
・商品を組み合わせてパッケージ化する
・人向けの商品だけど、あえてペット用にしてみる
・まず資料を請求してもらう

■売り方
・対面販売しかしていないけどインターネットでも売ってみる
・卸売りだけど小売りもしてみる
・小売りだけど卸売りもしてみる
・今まで接触のなかったエリアや業種に案内してみる

■お客様
・対象を絞ってみる
・「商品」「売り方」を変えて従来と違ったお客様にアプローチ

もし、今やっている方法でいい結果が出なかったら、この“中味”を見直してみてください。

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP