見込み客とは接触する回数は何回ですか?

これは以前、学習塾の経営者の方から聞いたお話です。
生徒募集のために、チラシのポスティングをしています。

「同じエリアに何回ぐらいポスティングすると申込みがありますか?」

「そうですね。どのエリアでもだいたい同じなのですが、
 16回目から目に見えて申込みが増えてきます。」

「えーっ、16回」

16回だそうです。
6回じゃありません。16回ですよ。

これはポスティングの話ですが、インターネットでも全く同じです。

私の場合でも

 ・2年前に資料請求
    ↓
 ・1年前に見積もり依頼
    ↓
 ・今月、仕事の依頼

なんてことは珍しくないというか普通です。

だから、その間に何度接触・情報発信できるのかが大切になってきます。

2~3回アプローチして効果がないと、どうしても表現の内容の方に目がいってしまいます。

もちろんそれも大事だけど、それよりも『回数多く接触する』ことが一番大事だと思います。

商品・サービスの価格にもよりますが、6回~20回のアプローチが必要です。

 もちろん、そのためには

 ・見込み客のリスト集め(メールアドレスの取得)
    ↓
 ・継続して情報発信するための仕組みづくり
    ↓
 ・そこから利益のでる仕組みづくり
  (販売する商品や特典の案内など)

 をきちんとしておく必要があります。

 仮にも2~3回で「今回は失敗」なんて、あきらめずに頑張ると、間違いなく反応が上がってきます。

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP