無料レポートを作るときに一番大切なこと

こんにちは! フォーサイトの渡辺です。

先週「見込み客が集まるレポートの書き方」をご紹介しましたが、一番大切なことをお伝えするのを忘れていました。

一番大切なもの。

それは・・・

注文書(申込書)です。

レポートを通じてあなたのノウハウを提供する目的は、

あなたを「その道のプロ」として、信頼していただき

     ↓

『この人からなら商品(サービス)を買ってみたい・買ってもイイかな』と思っていただき、

     ↓

何らかの行動を起こしてもらうためです。

ですから、レポート読者に、「次はこういう行動をしてくださいね」
と呼びかける必要があります。

これは当然

 ・商品(物品)を売る

 ・サービス(役務)を提供する

 ・受注型

 ・商圏が広い、狭い

 ・価格が安い、高い

など、売っている商品やビジネスの形態によって違ってきます。

そして、自分の商品、ビジネスにあったピッタリの方法を見つけなければなりません。

それほど高価でない商品を販売するのであれば、直接商品を案内して販売することが可能です。
(もちろん商品の工夫は必要ですが)

ところが商品が受注型だったり、高価だったり、来店販売型だったりするときには、受注までの仕組み作りをする必要があります。

お客様が「買いたい・買おう」と意志決定するプロセスをイメージしながら、

 ●受注型だから、まず資料を請求してもらおう

 ●まずは、見積もりの依頼をもらえるようにしよう

 ●サンプルを請求してもらおう

 ●限定商品を注文してもらおう

など、「こういうアクションをしてくださいね」とはっきり伝えてください。

それでは、下の(   )の部分を埋め込んでください。

◆『あなたがレポートの読者に起こしてほしい行動は?
  (                      )

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP