地元のHOTな見込み客を集めるために

こんにちは! フォーサイトの渡辺です。

まずは、こちらをご覧ください。
↓    ↓
当社ホームページの県別アクセス数です。

特別エリアを絞ったSEOなどはしていないのですが、やはり地元からのアクセス数が意外に多いんです。

考えてみればそうですよね。 どうせ仕事を依頼するなら顔が見えて細かい打ち合わせのできる地元の人間の方がいいですし、地元という安心感や親しみもありますから、ネット上で対象となる企業を探すとなると当然地元の会社を探します。

そして、地元ならではの効果があらわれてきます。

「資料をぜひいただきたいのですが、事務所まで伺いますのでぜひ譲ってください」

「お話しを聞かせていただきたいので、1度お伺いしたいのですが」

そんなお話しを地元の方から電話やメールでいただくようになりました。

【 口コミ効果 】
さらに地元ならではの口コミ効果がでてきます。  「○○さんから渡辺さんに相談するといい聞いたのですが」  などというお電話もいただくようになります。

【 商圏内の人も確実にみている 】
これらのことで分かったことは
『ホームページもメルマガも、全国の人がみているけれども、 商圏内の人も確実にみている』

『商圏内の人は直接的にアクションしやすい』

ということです。

テレビCMでいえば、全国ネットで流れているものは地元の人もみているということです。

商圏が限られた企業が全国ネットでテレビCMを流すなんてことはあり得ませんが、インターネットの場合は地元に流す予算で全国の人にも見てもらえるようなものです。

だから、もっと積極的に地元の見込み客発掘の道具として使うべきです。

例えば週末になると「完成現場見学会」「構造見学会」のチラシが入りますが、ホームページアドレスは電話番号の下に小さく入っているだけ。

こういうのを見ると、いつももったいないなあと思うのです。

それこそ「詳しくはホームページで」と積極的にホームページに誘導して

●当日現場で待機しているスタッフ   (しつこい追い客はしないぞ、という感じで)

●特にこだわってみてほしいところ

●前回の見学会に参加して契約した人の感想

など、チラシの何倍ものスペース・情報量で伝えていけば、お客様を集客するのにとても効果的だと思います。 それもHOTなお客様を。

 

 

The following two tabs change content below.
フォーサイトの渡辺

フォーサイトの渡辺

日本大学法学部卒業後広告会社勤務。 大手家電量販店・大型スーパー等流通業を中心にオープン・リニューアル・レギュラーのプロモーションを担当。 2001年(有)フォーサイト福島設立 、同社代表。
PAGETOP